大人の「イギリス旅行」なら

大人ならではの「イギリス旅行」を楽しみたいですよね。

ロンドン

ロンドン「ナショナル・ギャラリー」おさえておきたい見所

投稿日:2015年4月28日 更新日:

united-kingdom-89977_640

(画像:http://www.nationalgallery.org.uk/より)

ナショナル・ギャラリーはロンドンを代表する美術館の一つです。
所蔵している絵画は2,300以上にもなります。

これだけの作品を所蔵しているのに入場料はいつでも「無料」です。

2014年にドキュメンタリー映画監督フレデリックワイズマンによる「ナショナル・ギャラリー」という映画が公開されています。
もし、ナショナルギャラリーを訪れる予定なら、この映画で予習しておくといいかもしれません。

 

ナショナル・ギャラリーの見所

ナショナル・ギャラリーの見所はたくさんあります。
館内が広く「一方通行に進んでいけばいい」というわけではないので、途中で歩き疲れてしまったり、
目的の絵画までたどり着けなくなることも。

そのため、どのような所蔵品があるのか事前に確認しておくと効率的だし、見逃す心配もありません。

館内にはあちこちに椅子が置かれていますので、疲れたら座って休むこともできます。
(くれぐれも、館員さん用の椅子に座らないように!)

所蔵品は年代別に分けて展示されています。
有名なものは以下の通りです。

・ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 
「バッカスとアリアドネ(1524年頃)
Titian 「Bacchus and Ariadne」
Room 2
・ハンス・ホルバイン
「大使たち(1533年)」
Hans Holbein「The Ambassadors」
Room 4
・ミケランジェロ 
「キリストの埋葬(1500年頃)』
Michelangelo 「The Entombment」
Room 8
・ヨハネス・フェルメール 
「ヴァージナルの前に立つ女(1672年頃)」
Johannes Vermeer
「A Young Woman standing at a Virginal」
Room 16
・レンブラント・ファン・レイン 
「ベルシャザルの酒宴(1635年頃)」
Rembrandt 「Belshazzar’s Feast」
Room 24
・レンブラント 
「自画像34歳(1640年)
Rembrandt 
「Self Portrait at the Age of 34」
Room 24
・フランソワ=ユベール・ドルーエ
「ポンパドール夫人」
François-Hubert Drouais
「Madame de Pompadour at her Tambour Frame」
Room 33
・ジョン・コンスタブル
「乾草の車(1821年)」
Constable
「The Hay Wain」
Room 34
・ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
「解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号(1839年)」
J. M. W. Turner
「The Fighting Temeraire」
Room 34
・ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
「雨、蒸気、スピード-グレート・ウェスタン鉄道(1844年)」
J. M. W. Turner
「Rain, Steam and Speed – The Great Western Railway」
Room 34
・ジョージ・スタッブス 
「ホイッスルジャケット(1762年頃 )」
George Stubbs
「Whistlejacket」
Room 34
・トマス・ゲインズバラ 
「アンドルーズ夫妻像(1750年 )」
Thomas Gainsborough
「Mr and Mrs Andrews」
Room 35
・ジョルジュ・スーラ 
「アニエールの水浴(1884年 )」
Georges-Pierre Seurat
「Bathers at Asnières」
Room 41
・クロード・モネ
「睡蓮(1899年)」
Claude Monet
「The Water-Lily Pond」
Room 41
・ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
「糸杉のある小麦畑(1889年)」
Van Gogh
「Wheatfield With Cypresses」
Room 43
・ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ 
「ひまわり(1888年)」
Vincent van Gogh 
「Sunflowers」
Room 43
・ポール・セザンヌ 
「女性大水浴図(1894~1905年頃)」
Paul Cézanne
「Bathers」
Room 43
・カナレット 
「サン・ヴィダルの石工工房(1720年代)」
Canaletto
「The Stonemason’s Yard」
Room 38
・ウィルトンの二連祭壇画
(1395~1399年頃)
Wilton Diptych
Room 53
・ピエロ・デラ・フランチェスカ 
「キリストの洗礼(1450年頃)」
Piero della Francesca
「The Baptism of Christ」
Room 54
・ピエロ・デラ・フランチェスカ 
「キリストの降誕(1470年頃)」
Piero della Francesca
「Nativity」
Room 54
・ヤン・ファン・エイク 
「アルノルフィーニ夫妻像(1434年)」
Jan van Eyck
「The Arnolfini Portrait」
Room 56
・サンドロ・ボッティチェリ 
「ヴィーナスとマルス(1485年)」
Sandro Botticelli
「Venus and Mars」
Room 58
・ラファエロ・サンティ 
「カーネーションの聖母1507年頃)」
Raphael 
「The Madonna of the Pinks」
Room 60
・レオナルド・ダ・ヴィンチ 
「岩窟の聖母(1506年頃)」
Leonardo da Vinci
「The Virgin of the Rocks」
Room 66
・レオナルド・ダ・ヴィンチ 
「聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ(1508頃)」
Leonardo da Vinci
「Burlington House Cartoon 」
Room 66
・エドガー・ドガ 
「髪をすく女(1896年頃)」
Edgar Degas
「Combing the Hair」
・カラヴァッジョ
「エマウスの晩餐(1601年)」
Caravaggio
「The Supper at Emmaus」

 

ナショナル・ギャラリーの最寄り駅

(Tube:地下鉄)
・Charing Cross(チャリング・クロス駅)
・Leicester Square(レスタースクエア駅)
・Piccadilly Circus(ピカデリー・サーカス駅)

 

ナショナル・ギャラリーの開館時間

月~木、土・日:10:00~18:00
(12月24・25・26日、元旦を除く毎日)

金曜日:10:00~21:00

 

 

-ロンドン
-

執筆者:

関連記事

ロンドンの観光客数はどれぐらい?

BBCが、2014年5月8日の記事で「ロンドンへの観光客数が記録を更新した」と報じています。 公的な機関(ONS)の調査によれば、2013年にロンドンへ訪れた観光客は、2012年度比で130万人増加の …

「バッキンガム宮殿公式ショップ」エコバッグが可愛い!

  バッキンガム宮殿公式ショップのお土産はどれも素敵ですが、「エコバッグ」が特に可愛いです! バッキンガム宮殿で衛兵交代式、パレード、宮殿内部を(夏季のみ)見た後は、絶対にバッキンガム宮殿の …

「1月1日」にバッキンガム宮殿の衛兵交代は見れる?

  ロンドン見学でバッキンガム宮殿を見学するなら、 ・「衛兵交代」 ・「パレード」 の見物は含めておきたいです。 でも、冬休みを利用してロンドンへ出かける場合、こういった催し物は元日も見るこ …

バッキンガム宮殿のプラモデルを部屋に飾りたい!

  ロンドンの人気観光スポットの1つ「バッキンガム宮殿」の前は、とても優雅で堂々としています。 あんなに美しい建物のミニチュア、つまり、プラモデルを自宅に飾れたらいいですよね。 毎日、美しい …

冬のロンドン観光?おすすめはコレ!

ロンドンの緯度は札幌のそれに近く、積雪量が少ないものの冬にはかなり冷え込みます。 気温は零下になることも珍しくなく、また、日も短く午後4時ぐらいには暗くなり始めます。 12月はクリスマスで賑わいを見せ …