大人の「イギリス旅行」なら

大人ならではの「イギリス旅行」を楽しみたいですよね。

ロンドン

「バッキンガム宮殿」見ておきたい「衛兵交代式」と「パレード」

投稿日:2015年4月30日 更新日:

london-1211303_640

 

ロンドン観光に行くなら、ぜひ、バッキンガム宮殿の見学はしておきたいですね。
特に「衛兵交代」と「パレード」は必見です。

バッキンガム宮殿は、ロンドンでは最も人気のある観光スポットの一つ。
8月と9月の観光客が特に多いです。

衛兵交代は4月~7月の間は、毎日実施されます。
天気がひどい時にはキャンセルされることもありますが、小雨ぐらいだったら行われますので、頑張って見た方がいいです。

8月~3月の間は1日おきの日程になります。
以前は日曜日だけ開催時間に違いを持たせていたようですが、現在の公式サイトでは、

「パレードは11時スタート、衛兵交代は11時半から」

と記載されています。

パレードのベストポジションは、正門の前です。

10時ごろから正門の前にある銅像の辺りに人が集まってきます。
早めに到着して場所取りをしていても、時間が迫ってきてやってきた他の図々しい観光客に押されてしまいます。
前方に飛び出さないように注意が必要です。
(押してくる他の観光客に負けないよう踏ん張る必要もあります!)

 

バッキンガム宮殿内部の見学もできる?

夏季限定でバッキンガム宮殿内部を見学することができます。

一般客が見学できるのは、公的な部屋のみ。
王室のプライベートな空間を見ることはできません。

画廊にはフェルメールの「ピアノレッスン」などの展示が
されています(内容は定期的に変わります)

入場料は:
大人 £20.50、60歳以上と学生(要証明書)が£18.80、
17歳未満が£11.80、5歳未満が無料、家族チケットが £52.80です。

バッキンガム宮殿は火災を負ったウィンザー城の修復費を集めるために1993年に観光客に公開されました。
現在はエリザベス女王が公邸、および執務のためのオフィスとして使用しています。

ツアーに参加すると、パレードの開始時間や宮殿内の見学を見逃すこともないので安心です。
いくつかのツアーは「アフタヌーンティー」をセットにしたものを扱っているようです。

 

バッキンガム宮殿に掲揚されている旗に注目!

宮殿上に「王室旗」が掲げられているかどうかで、女王の滞在・不在が分かります。

・王室旗が掲げられていれば、女王が宮殿内に「滞在」している。
・英国国旗(ユニオンジャックとも呼ばれます)が掲げられているときは「不在」

という意味です。

(王室旗)
royal_standard_of_the_united_kingdom

英国国旗(ユニオンジャック)
flag_of_the_united_kingdom

 

「バッキンガム宮殿」の最寄り駅はどこ?

バッキンガム宮殿の最寄駅(Tube:地下鉄)は、

・St. James Park(セント・ジェームズ駅)
・Victoria(ビクトリア駅)
・Green Park(グリーンパーク駅)
・Hyde Park Corner(ハイドパークコーナー駅)

です。
いずれの駅からも、5分ぐらいの徒歩が必要になります。
ロンドンの地図を持っていると便利です。

 

 

-ロンドン
-

執筆者:

関連記事

冬のロンドン観光?おすすめはコレ!

ロンドンの緯度は札幌のそれに近く、積雪量が少ないものの冬にはかなり冷え込みます。 気温は零下になることも珍しくなく、また、日も短く午後4時ぐらいには暗くなり始めます。 12月はクリスマスで賑わいを見せ …

ロンドンでの観光バスの乗り方

  ロンドンを効率的に回りたいなら、ツアーに参加するのが手っ取り早いでしょう。 中でも、観光バスはお勧めです。 見るべきポイントをきちんと回ってくれますので、見逃してしまう心配がありません。 …

ロンドン「ナショナル・ギャラリー」おさえておきたい見所

(画像:http://www.nationalgallery.org.uk/より) ナショナル・ギャラリーはロンドンを代表する美術館の一つです。 所蔵している絵画は2,300以上にもなります。 これだ …

「ロンドン塔」見所は宝石、監獄、そしてカラス?!

(画像:www.hrp.org.uk/tower-of-london/より) ロンドン塔は「ロンドン観光のベストスポット10」にしばしばランクインするぜひ見ておきたいスポット。 ロンドン橋と合わせての …

ロンドン「グローブ座」は予約が必要?当日でも大丈夫?

(画像:http://www.aboutbritain.comより)   イギリス文学に興味があってもなくても、せっかくロンドンを訪れるのなら、シェークスピアの「グローブ座」を訪ねてみません …